アイケアを使うとどんな効果がある?

長時間のパソコンを見るデスクワーク、携帯電話やスマートフォンの画面を良く見たり、アイメイクや目のピントを合わせるために目元の筋肉を使うなど目を酷使することが増えてきており、結果若い人にも疲れ目やドライアイなどの症状が増えてきています。
目が乾いて感じたり、不快感やゴロゴロしたりするなどは目が疲れているために起こる症状になります。これは、目を保護するための涙が少なくなっているため感じるもので、そのまま放っておくとかすみや痛み、視力の低下、異物感や角膜を傷つけるなどのさまざまな症状が現れてしまうほか、結膜炎などの病気にかかりやすくなってしまいます。
これらの症状を緩和するためには、遠くを見たり目を動かして筋肉を和らげる、蒸しタオルなどで血行を良くするなどで目を休憩させたり、ドライアイに効果のある目薬を活用する、目を保護するための成分を分泌してしまう部分を塗りつぶしてしまうなどの過度なアイメイクは控える、目の乾燥を防ぐために加湿器をつけたり瞬きを意識的に行うなどのアイケアが重要となってきます。
アイケアを行うことで、目の乾燥を防ぐだけではなく肩こりを防ぎ、年齢を感じさせてしまうシワの予防などにも繋がるます。

Filed under: 未分類 — 真希 3:24 PM